製造工程

粘土を造るところから陶芸が始まります。
地元の土と釉薬を使い、手作業で器を作る。
どんなに時代が変わっても、変わらないこだわりがあります。

  • ①「土造り1」

    台原(仙台市青葉区)の粘土層から掘り出した土を使って器を作っています。
    そのままでは作陶に使用できないので、工程を重ねて粘土に精製していきます。

    ・敷地に運んだ土を細かく掘り出します。
    ・ミキサーで溶かします。
    ・木の根や石などの不純物を取り除くため、網で濾します。

    土を掘り出す 掘り出した土 ミキサーで溶かして網で濾す
  • ②「土造り2」

    ・水槽に溜め込み、沈殿させてねかせます。
    ・比重の違いで土と水が分離するので、上澄みだけを取り除きます。
    ・残った土を鉢に入れて数日陰干しさせ、余分な水分を飛ばします。
    ・適度な硬さになったら土練機に通し、室(むろ)に移して1年以上ねかせることで作陶に使える粘土になります。

    水槽に沈殿させてねかせる 素焼きの鉢に入れて乾燥 土練機を通した粘土
  • ③「土練り」

    成形を行う前に粘土を練ります。

    ・粘土の内側と外側で固さにバラつきがあるので、練って均一にします。
    ・粘土を締めて中の空気を抜き、成形時・乾燥時にひび割れが発生するのを防ぎます。

    (荒練り)固さを均一にする (菊練り)締めて空気を抜く 粘土を砲弾型にまとめる
  • ④「成形」

    主に電気ロクロを使って成形します。

    ・粘土を上げ下げして芯を出します。
    ・適量の粘土を取って挽いていきます。
    ・最後にしっぴき(糸)で切り離します。

    粘土を上げ下げして芯を出す 適量の粘土を取って挽く 形を整え、その後切り離す
  • ⑤「高台(こうだい)仕上げ」

    器を適度な硬さに乾燥させた後、伏せて高台を削りだします。

    ・ロクロの天板に円筒(シッタ)を備え付けます。
    ・器をシッタに固定し、カンナや竹べらで削っていきます。
    ・削った部分を滑らかにして判子を押します。

    シッタにはめた器をカンナで削る 削り終わった器 滑らかにして判子を押す
  • ⑥「乾燥」

    粘土は水分が残った状態で焼成すると割れてしまうので、十分に乾燥させます。
    小物は室内で1週間程度かけて乾燥させます。
    大物は1ヶ月以上かけてゆっくりと乾かします。

    乾燥させた器 乾燥させた器 乾燥させた器
  • ⑦「素焼(すやき)」

    釉薬(ゆうやく)を掛ける際の型崩れを防いだり、釉薬の定着を良くするため、約800度で焼成します。
    焼成後は常温になるまで数日待ち、中の器を取り出します。

    素焼きから数日後の窯出し 窯から器を取り出す 素焼きした器
  • ⑧「釉薬(ゆうやく)調合」

    原料をある程度砕いた後、ポットミルにかけて粉砕・攪拌します。
    細かな不純物を取り除くため、網で濾します。

    堤焼の代表的な釉薬である海鼠釉(なまこゆう)は地元で採れた原料を使用しています。
    ・南光台あまさ
    ・根白石の早坂岩
    ・籾殻灰(もみがらはい) など

    釉薬の原料 ポットミルで粉砕・攪拌 釉薬を網で濾す
  • ⑨「釉掛け(くすりがけ)」

    素焼した器に釉薬を掛けます。
    釉薬を水と混ぜ合わせ、適度な濃さに調節して器に掛けていきます。
    一度掛けて数日乾燥させ、さらに上掛けを行います。

    海鼠釉の下掛け 海鼠釉の上掛け 釉掛けした器
  • ⑩「本焼(ほんやき)」

    一日かけて、1250度前後までゆっくりと温度を上げて焼成します。
    高温で焼成することで、釉薬は粘土の表面と溶け合い、ガラス質となって水分の浸透や汚れを防ぎます。
    釉薬の濃さ、天候、気圧、焼き方、器の置いた位置などによって釉薬の表情が変化し、器の一つひとつに個性が出ます。

    器の窯入れ 本焼きから数日後の窯出し 焼き上がった器
  • ⑪「ハマすり」

    釉薬を掛けていない高台部分はザラザラしていて、そのままではテーブルなどに傷がついてしまいます。
    砥石で削って表面を滑らかにしながら、細かなガタつきを修正して水平にします。

    砥石で高台周辺を削る ガタつきがないか確認 完成した器